好きな人に別れを告げられたとき、あなたならどうしますか?


そういうときの対応としては、2パターンあると思います。

執着しますか?
時を待ちますか?

おそらく大半の方が執着するのではないんでしょうか?

結論からいうと、
執着するのはだめです。
もっというなら気持ちで執着しても、
行動で執着性はだめです。

実際、ご友人も含めお知り合いの方で、
執着しても大半はいい方向に行かないと思いませんか?

そうなのです。
別れを告げられた時点で、もう先方の意向は決まっているのです。

いわば、
仕事をやめることを会社に継げる瞬間と似ています。

そこでいくらとめたところでだめです。
なぜなら、それを口にするときはもうこれまでいろいろご自身で
考えた上で結論が出ているからです。

ならばどうすればいいのでしょう?

答えは、受け入れましょう。

そんなー!というお声が聞こえてきそうですが、
それが現実なのです。受け入れましょう。

そこで執着すると相手にとっても安っぽい女に見られてしまいます。
ならば、堂々と受け入れ後悔するわよ、ぐらいの勢いを見せておけばよいのです。

そうして、離れてみて冷静になり、考えてみると
やっぱりよかったと戻ってくる可能性があります。

仕事をやめますといった人が、
やめてから、やっぱりあの会社の方がよかったというのと同じです。

隣の芝は青く見える。
そのときを待つのです。

ですから、
別れを切り出されたときは、毅然と受け入れ、
「私と別れて後悔するわよ」ぐらいのニュアンスを伝え、
もう一度よりを戻したい人は、
まめにコンタクトをとり、そのときを待ちましょう。

そのコンタクトを取るときも未練がましいことをいってはいけません。
あくまで友人としてフランクにコミュニケーションしましょう。

そうすることが、男心をがっちりつかむ別れの秘訣です。

⇒こちらもどうぞ。
・好きな人の前で緊張する人へ
・無知なピュアさに気づくべし
・恥ずかしがりやの方へ

関連記事
カテゴリ
タグ