うそをつきなさい。

といっても、年齢などのうそをつけということではありません。
逆にすぐにばれるようなウソはマイナス効果です。
例えば、
飲み会終了後、次の飲み会が入っているときになんといいますか?

これは、正直に次の飲み会が入っているといってはいけません。

予定があるから、電車がなくなるからなど、第三者的な理由にしましょう。
「私は残りたいのだけれど、第三者がどうしようもないのですよ」
という雰囲気を存分に出しましょう。

男性は、非常にナイーブな生き物です。
間違いなくそうなのです。

男性主導の世の中で強く生きることを要求され続けてきた男性は、
本当は傷ついていてもそれは出してはいけない、
本当はつらくてもそれはいってはいけないという
無意識の洗脳をされています。

ですので、表面上は強気に振舞っても、
その実態は本当にナイーブな人は多いです。

その為、こういうときに「次の会合があるから」とは
間違ってもいってはいけないのです。
理解を見せるようで、実はその実態は傷ついています。
「飲み会が面白くなかったかな~」などと心配しております。

ですので、そこは、
あなたたちのせいじゃないのよ、
どうしようもないことで離れないといけないのよと
理由付けしてあげると男性はほっとします。

相手のことを思って、
いいウソをいいタイミングでさらりとついてあげる。

これが、男心をがっちりつかむうそのつき方です。

ただし、ウソをついた後は、
絶対にそれがばれないように注意してくださいね。

⇒こちらもどうぞ。
・小言はわがままと自覚すべし
・好きな人の前で緊張する人へ
・無知なピュアさに気づくべし
関連記事
カテゴリ
タグ