よく女性からの相談の中で、遊ばれたとか、捨てられたという言葉で表現する方が
いらっしゃります。


これに私は違和感を覚えるのです。


というのも、




彼との関係を深めていく中で、自分の意思はなかったのですか?と思うからです。


彼が一方的に強引に、それこそ力づくで決めて関係性が深まっていったのでしょうか?
そんなことは、まずないと思います。


そこで何かを自分が得ようと思ったから、自分が得れると思ったから、そうしたわけで
あって、それはつまり、相手に強制的にされたというような話ではなく、自分のために
あなたが判断した結果なのです。


それを、遊ばれた、捨てられたといって相手のせいにしてしまうのは、その時は楽かも
しれませんが、結局、そこに成長はなく、また、同じことを繰り返してしまうことが
多いです。


他責は楽ですが、成長がありません。だから同じ壁が来た時に同じ苦しみが続きます。
自責で考えると、その時は辛いかもしれませんが、それを乗り越えた後には、その壁は
もう壁ではなくなっているので、苦しみにもなりません。


あなたは、どちらを選びますか?


世の中的には他責であってもまったく問題ありませんし、許してくれます。


男性がそこで他責にすると、「おいおい」といわれるかもしれませんが、
女性の場合は、なんとなく許されたりしている雰囲気はありますよね。


そこに甘んじるか自分を律するか?それが大きなわかれめなのです。


いずれにせよ言えることは、楽な方法ばかりとり続けていると、男女雇用
機会均等法といいながらも(ちょっと古い???w)いつまでも依存状態
は抜けませんよ!


がんばれ!乙女!と私はいいたい。


話がそれましたが、そういうことなのです。w


男性に依存していると、相手の男性の思うままにやられてしまいますよ。


多数の大多数の男性は、従順な女性は、絶対に離れていかないという
錯覚に陥ります。


従順に見せながらも、主張したいメッセージはしっかりと伝える。
例えば、これこれ、あるいは

そして、だんだんエスカレートしていき、こいつは大丈夫だからと勝手
に決め込み、他の女性にいってしまったりします。


そんなときに悲しい目にあうのはあなたなのです。


それでもよければ、そのままいって頂ければいいです。
私の彼はそんなことないと思う人もそのままいってもらえば良いと思います。


ただ、そう思わない人は、それをさせてはいけないのです。


その方法はこれ。


もしかするとあなたの態度しだいでは私はどっかいっちゃいますよ的な雰囲気
を出さないといけない。


ダイレクトに出すと口論になったり、衝突による破局が怒ったりするので、そうではなく、
男性に「やばいかな?」と思わせるくらいにしないといけない。


一人で思わせて、一人で修正させるようにさせないといけない。
男性が口に出してしまうと大事になる可能性が大きいのです。


考えさせて行動させるのがベスト。


実際にそれをやるのは、難しいかもしれませんが、やると効果は間違いなくあります。
できないまでも、この考え方を知っておくだけで少し流れは変わるはずです。


ぜひ、一度、試してみて下さい。


その為には時には、こういう手法
も必要だったりもするのです。


これが男心をがっつりつかむ心の持ち方です。

⇒こちらもどうぞ。
関連記事
カテゴリ
タグ