付き合いが長くなってくるとお互い気心もしれてきて、
だんだんと恥ずかしがる部分が少なくなってきませんか?

その時の注意点を今回は少し。
結論からいうと恥じらいをなくしてしまうと、
だんだん女性として見られなくなっていきますので要注意ということです。

チラリズムという言葉があるように、
男性は、全てが見えてしまうと関心がなくなってしまうものなのです。

不思議なもので、
まっぱだかの女性がよりも、たった一枚だけでもシースルーの布がかかっているような状態の方が興奮するものなのです。
(ちょっと話が違いますかね??)

見えそうで見えないという状態がいいのです。

これは特に男性の性に限ったことではなく、
全ての人間の心理ではないかと匠は思っています。

確かに、時として男性は、恥ずかしがらずにというでしょうが、
それをそのままやってしまってはだめです。
魅力が半減してしまいます。
全部知ると興味がなくなるのが人というもの。

男性自身も実はそうで、
恥ずかしがらずにとはいうものの恥じらいをなくされると萎えてしまうのです。

ちょうど、出産後の奥さんを女性として見れなくなったという話を
よく聞かれると思いますが、そういう心理が働いているのです。

これが男心をがっちりつかむ恥じらい方です。

⇒こちらもどうぞ。
・恥ずかしがりやの方へ
・傷つけている自分に気づくべし
・男の裏情報が満載のメルマガ
関連記事
カテゴリ
タグ