こんにちは、匠です。


今回は、りんこさんのご相談をもとに男心を考えてみたいと思います。


よろしくお願いします。



----- ご相談内容 -----

はじめまして。5か月前に飲み会で知り合った年下の彼のことです。


知り合って1カ月くらいは、メールだけのやり取りをしていました。その後、彼からドライブ
デートに誘われてお互いいい感じでした。


ただ、2回目に会うあたりから、私の部屋に来たがるようになりましたが、まだ会って2度目
なので、その時はお断りしました。


その後、2回程飲みに行くことになり、そのうち2回目の時は、終電がないという理由で、
私の部屋に泊まることになりました。が、その時は何も手を出すことなく、朝帰って行きました。


泊まりに来る前までは、彼からのメールに私が返信するという状態がほとんどでしたが、
この後あたりから、私からメールすることがほとんどで、返信はなかったり、あっても数日
遅れたりという状態が続いていて、なんだか彼との距離感を感じ始め、私がメールの反応に不安
を抱えるようになりました。


ちょうどその頃、彼の誕生日もあり、お祝いしたかったんですが、お互いの予定が合わず、
メールでプレゼントの希望を聞くと、冗談っぽいやりとりではあったんですが、カラダ的なことを
言ってきました。


まだ付き合ってもいないわけだし、軽いノリで考えてるならムリとだからと返すと、それからしばらく
メールありませんでした。最初からこの人はカラダ目当て?だったのかと思えてきました。


そもそも、彼は私に興味があるんだかも疑問に思えてきました。それというのも、最初に会った時は、
もちろんお互いのことを聞きあったりしてましたが、それ以降、私から聞くことはあっても、彼から
私のことを聞いてくることって?と冷静に考えてみると、ほとんどない気がしました。


メールでも深い話もすることなく他愛のないことが多くなりました。彼は、人見知りでシャイな
タイプなので、仕方ないかなぁとも思ったりもしましたが…


それからしばらくして、何事もなかったかのような、意味のない一言メール(よぉ!)とだけして
きました。


ただそこからやりとりしてるうちに下ネタ系になってきたので、私ももうはっきりさせたほうがいい
と思い、これからの関係をどうしていきたいか、ちゃんと付き合っていくのか、友達としてこのまま
続けるのかと聞いたら、そこからまたぱったりとメールが途切れてしまいました。


私も年齢的なこともあり、負い目を感じて、彼に対して受け身でいたこともあってか、軽くみられて
しまったのかなぁとも思いました。これ以上続けても無意味なことでしょうか?




----- 匠のお返事-----

このご質問には、ぜひ、お答えしたいですね。笑


男と女でセックスに対する捉え方がちがうんですよね。


男から見ると、なぜか女性は、性的な魅力を自分のものとしない。なぜか、自分とは別のもので
なんだか卑しいものとしてみている人が多いような気がします。


叶姉妹のお姉さんが言ってました。性的に興味をもたれることはあなたの魅力ですよ的な話だった
と思いますが。その通りだと思いますね。


男から見てセクシーな女性って魅力的なんですよね。
50の裏技にも書きましたが、男は、初め2通りの女性を好きになれます。


精神的と肉体的。


このどちらも魅力なんですよ。と、男は思っているんですね。
(実際はそこまで深く考えている人がいるかどうかは疑問ですが。。。。)


この一つ前の質問でもそうでしたが、男性は一回やると冷静になって大人になりますよ。


だから、やり逃げっていうことばがあるんでしょうけど、最初からやり逃げるつもりでなかった
人も結構いると思うんですよねえ。


あ、ごめんなさい。話がそれました。笑


結局、このまま続けても無駄でしょうか?という相談ですが、おそらく、このままやらないまま
関係を続けていくと、彼のほうが疲れて、あきらめると思うので、それがお好みのようならそれを
お薦します。


ちゃんと自分のこと考えて欲しいのであれば、一回やってみるというのも一つの方法かもしれません。
吉と出るか凶と出るかは、やってみないとわからないというリスクがありますが。



そもそもお付き合いする人って、一人なんですよね。


でも、お会いする異性って、何人もいるんですよね。


そう考えると、基本、異性をお会いしたとしても、うまくいってお付き合いする人は、ほとんど、
いないってことなんですよ。確率論で言うと。


何が言いたいんでしょう、僕は????よくわかりませんが、参考になりましたでしょうか?笑



メールが増えるようになりたいんですが 他。
来月から遠距離恋愛になります。
彼はどういうつもりで私を誘ってキスをしたのでしょうか。


関連記事
カテゴリ
タグ