こんにちは、匠です。


今回は、まなさんのご相談をもとに男心を考えてみたいと思います。



----- ご相談内容 -----

はじめまして、こんばんは。就活生のまなと申します。


3月の初め、同い年の付き合って約3カ月の彼氏と別れました。
彼は他大学の学生で、就活中に出会いました。別れの原因は、就職活動です。


「俺はいっぱいいっぱいだ。バイトも就活も、お前も…全部同時進行できない」
と彼に言われました。




彼は難関私大・国立大受験控えた生徒さんを抱えており、就活のセミナーや面接後
も塾に行き、夜遅くに家に帰るという生活を続けていました。


日曜はゼミ、家庭教師、家にいるときはエントリーシートや履歴書を書き…
大手企業を目指す彼は真剣そのものでした。


「就活頑張って、お前を養っていけるくらいのいい会社に入る。そしたらお前に
また告白する」そう言われました。


また、彼はかなり独占欲が激しい人です。私が友達の話を出すたびに「男?」と聞いてきます。
私が男友達が多いため、心配していたようです。


そのため、別れる際も「俺がお前と別れるのが嫌なのはお前がいつ他の男に取られるか
分からないからだ」と言われました。


彼が私に告白したのも「お前のこと好きなのはもちろん、話聞いてると他にも狙ってる
男多そうだから、早くしないと取られる!って思ったから告白した」
という理由からだったようです。


私は彼が好きなのでずっと彼が好きなことを伝えると、別れる方向で話が進んだという形です。


私は就活中のつらい時だからこそ支えあいたい、という性格なので、別れる意味が全く
分かりませんでしたが、彼が就活に集中したいというので、彼の気持ちを尊重して別れる
ことにしました。


しかし、やはり寂しいと思った私は、「やっぱり(別れるなんて)無理」と言い、泣いて
しまいました。


彼は困ったように笑い「やっぱ無理って思ったらまた連絡して来い。その時また話そう」
と言いました。


「内定決まるまでずっと連絡しないの?」と聞くと、「そんなことない。連絡するし、
してくれていいよ」と言っていました。


電話を切る前、お互いに好きだという気持ちを伝えて、電話を切りました。


あれから1カ月以上たちましたが、別れの電話をして1週間後に事務的な連絡メールをして
以降、彼からの連絡は全くありません。


彼の志望する業界は、すでに内定が出ており、もう終盤を迎えています。


彼はとても優秀な人で、私は「大手企業の内定も夢ではない」と思っていましたし、彼の
友人も彼に対しそういった期待を持っていたようです。


彼はその期待がプレッシャーになっていたようで、「それに「応えられるか分からない…」
と以前漏らしていました。


私自身、就活がうまくいかず、最近落ち込んでいます。彼の声が聞きたくて仕方ないです。


そんな折、最近知り合った就活生(男)には「いつまで男待ってんの?もう諦めなよ」や
「どうせ周りにいっぱい女いるよ」、「連絡が全くないのはおかしい」など、不安になること
ばかりを言われ、今週、初めてメールを送ってみましたが返ってこず、電話をしても出ません。


彼のことは、この就活生の男の子が言うようにもう諦めたほうがいいのでしょうか?
彼のことを考えると、気を使ってしまい連絡もできません。


悪い方にばかり考えてしまい、「内定はもう出てて、私のことなんかどうでも良かったのかも」
「遊びだったのかな」など、スパイラルにはまってしまっています><


別れたこと自体は、この1ヶ月間、私も就活に集中できましたので、その点では良かったと
思っています。(付き合っていたら”会いたい”という気持ちが勝ってしまい、就活が疎かに
なっていたと思うので)


彼も、寂しがり屋の私の性格を知っており「俺との付き合いでお前の就活が疎かになるのは嫌だ」
と以前言っていました。


上手くまとめられず、何だか支離滅裂になってしまい申し訳ありません;


自分でもどうしたらいいのか分からない状態で、寂しい気持ちばかりが募っています。
でも、彼のことが大好きです。


よろしくお願いします。




----- 匠の返答 -----


んんんん?ご質問がよくわからないですね??笑


おそらく、彼のことがよく理解できないので、なぜなんでしょうか?ということですよね。


まず、男は不器用なので、マルチタスクにいろんなことを同時進行することが結構苦手な
生き物だと思います。
(逆に言うと、ひとつのことを集中させるとすごい力を発揮すると思いますが)


だから、就職活動に集中したいので、別れたいというのはわからなくもない判断かと思います。
それだけ活動に真剣なんでしょうね。


彼はいつでも連絡しておいでと言ってくれているのだから、そこは、連絡してみてもいいの
ではないでしょうか?


ここで遠慮してると、それこそ、本当にどこか別のとこへ言ってしまう可能性もあるともいますよ。


この場合もまた、自分で考えるとネガティブなスパイラルにぐるぐるまわってしまうので、
連絡してみるのが一番の解決策かと思います。


頑張って下さいね。


関連記事
カテゴリ
タグ