こんにちは、匠です。


好きな人とデートした時のお金の払い方ってどうしてますか?
これって、結構、困ってる女性がいるような気がするのですが、
どうでしょうか?


今回は、そんなところをお話したいと思います。


基本的にデートのお金は男性が払うもの。
それはそれで、その考えはいいと思うんですね。


男的にも面子があるし、やはり、最初はそれくらいのことは
できないと男としても、ね、ちょっとねえ。と、思いますし。


でも、いけないパターンは、女性がそれを当たり前だと思って
仕まう場合。


当たり前だから、感謝もしないし、財布も開こうとしない。
ありがとうのお礼もいわない。


もてる乙女には、そういう状態が一番遠いですね。


特に、派手な感じの人は要注意です。
ただでさえ、ゴージャスな感じがしているのに、お金に対して
もおごってもらって当たり前というような感じになると、これ
は、男性から見ると「お金のかかる女」と見られてしまいます。


確かに、そういう見せ方もあるし、「私は安くないわよ」という
意思表示ということもわからなくはないです。


ただ、そういう女性は、彼女にはなっても、結婚までは考えられ
ないのが男というもの。


そういうお金のありがたみをわかっていない女性と一緒になろうと
思う人っていると思いますか?


だからこそ、お金の支払いの時には、チャンスなので、きちんと
そのあたりをアピールしていきましょう。


男性の意見でよく聞くのは、


「お金を出すことはぜんぜんいいんだけど、それが当然となっている
人には出したくない」


「おごらされて、お礼もなく、さっさと帰っちゃたよー。涙」


「奢ってもらうのがあたりまえなんて、バブルを引きずってる
感じだよね~」


みたいな話です。



男性的には、奢ってもいいのです。お金を出してもいいのです。
でも、最初から女性がそういうモードだといやなのです。


だから、支払いの時には、「私いくら払えばいいですか?」と聞く
ことが大事だと思います。


それで、割り勘にしてきたり、どっさり払わせるような男性は、
逆に女性のほうからお断りすればいいのではないでしょうか?


そういう意味では、いい見分け方だと思います。


口に出すのが難しい人は、支払いの時に財布を触るだけでもいいので
やってみましょう。


これが、男心をがっちりつかむお金の払い方です。

関連記事
カテゴリ
タグ