みなさん、こんにちは。匠です。

今回は、お相手の方以外の方への接し方が実は大きな意味があるという裏技です。



こんな人はいませんか?

お相手の方にはすごく優しく接するのに、
二人で食事をしに行ったときに店員さんには、きつい言い方をする。

二人のときはすごく気をつかうのに、
電車の中で他の人に対しては、苛立ちを見せる。などなど。

これは極端な例ですが、
お相手の方に対する態度と、その他の人に接する態度が違うというのは、
実はよくないです。

もしかすると、お相手の方に対する親愛の念を表現する方法かもしれません。
「他の人にはこうだけど、私はあなたにはこんなにもいい人なのよ」と。

そんな人はいないかもしれませんが、もし、そうだとすると、それは大間違いです。

男性は見ていないようでよく見ています。
聞いていないようでよく聞いています。

自分にはすごくよく接してくれるが、他の人には厳しい場合、
「もし、自分がこの環境が変わるとそうされるのだろう」と思いますし、
「例えば、このまま結婚して慣れてくると、自分もこういう態度で接されるのだろうか」
と思うのです。


いくらお相手の方にはよく振舞ったとしても、そういうところを敏感に感じ取ります。
それがその人の本質なので、そういう場面を見ると一気になえてしまいます。

注意してくださいね。

また、逆にそれを利用する手もあります。
禁断の方法ですが。。。。。(笑)

お相手の人の前であえて他の人にやさしく振舞う。
わざとらしくなく、いやらしくなく、自然に。

そうすると男性は、「おっ、この人はやさしい人だ」と
あなたがなにも言わなくとも、勝手に理解してくれます。

これが、男心をがっちりつかむ他人の接し方です。

⇒こちらもいかがですか?
気づかないふりをすべし   
彼は自分と違うと知るべし  
さわるべし

関連記事
カテゴリ
タグ