こんにちは、匠@恋愛アナリストです。


今回は、新しく始まった「算命学恋愛相談」の企画にご連絡頂いた
Miyukiさんの以下のご相談をもとに男心を考えてみたいと思います。


ーー
【 お問い合せ内容 】:
一年前に出会い、縁を感じたのですが、現実的には進展がなく、彼の
気持ちもわかりません。パートナーとしての可能性があるのか、今後
どのように接したら良いのか知りたいです。
ーー


では、算命学研究家の中嶋紫玉さん、よろしくお願い致します。


↓↓


こんにちは。中嶋紫玉です。恋のお悩み相談にメールを有難うございます。
では、算命学で恋の悩みを考えてみましょう。


算命学相性をみる時は、いろいろな角度からみていきます。空間の相性
や時間の相性等の相性で関係をみていきます。


ーー
空間の相性=理屈ではなく感じる関係:好きとか一緒にいて楽しいという
      ポジティブな関係や雰囲気が馴染まない、一緒にいてイラつく、
      考えがぶつかるというようなネガティブな関係があります。

時間の相性=長い時間を一緒に過ごす相手として発展運なのか、運を止める
      相手なのかをみます
ーー


Miyukiさんのケースですが、『1年前に出会って、縁を感じた』とのこと。


お二人の空間の相性をみてみますと、影響し合う関係や、「運命の人」
というような強く引き合う関係があります。


一目見て“縁”を感じるのも無理がないでしょうし、実際に話しも盛り上
がったと思います。


「運命の人」のような強い関係は、離れ難い縁でもあり、他の相性で辛い
ことがあっても、なかなか離れられずに苦労することがありますので、
「中庸が良い」とする算命学では決して良い相性とはなりません。


Miyukiさんのご相談に『現実的には進展がなく』とあります。お二人の
時間の相性をみてみますと、こちらは「運を止める関係」になります。


つまり、出会った時や一緒にいる時は楽しい時間が持てるのですが、
現実に何かをしよう、二人の将来に向かって何かを計画しようという
ような発展性がないどころか、彼が何をやろうする運を知らない間に
Miyukiさんが止めてしまっているのかもしれませんし、逆にMiyukiさん
が進めようと思っていることを彼が止めているのかもしれません。


算命学では「発展性」のある関係を吉とします。


「運を止める相手」はダメなのではなく、自分が落ち込んだ時に会い
たい相手なのです。


「運を止める」というのは良い運、上り調子の運を止めるということ
だけでなく、落ち込んだ運を止めてくれるということでもあります。


「運を止める相手」は、自分に嫌なことがあった、どん底にいると
いう時に相談する相手にピッタリという感じです。


落ちたネガティブな運を止めてくれるので、元気になり、これから
やっていこう!という時にその人と一緒にやろうとすると、その
やろう!という運を止めてしまうことになります。


また、Miyukiさんも彼も現実的な生き方をするタイプです。


彼は、もしかしたら現実的に得るものがあるような発展性が感じら
れないと、ただ一緒にいて居心地がよく楽しいだけだと物足りない
と感じているのかもしれません。


それに、持っている星をみると彼は「ヒモになる星」を持っています。


現在、彼はまじめに働いていても、好きなことをやって暮らしたい
と思っていて、好きなことをさせてくれる相手を探しているかも
しれません。


見方によっては、お金の星を持っているMiyukiさんを“金づる”と
みていたのでは?とも…(一緒になるとお金で苦労することも…)


それと彼は今は真面目でも、“結婚してから浮気性が出る”という星も
持っていますので、彼と一緒になるということは、それなりの覚悟が
要るでしょう。


恋愛と結婚は違います。


結婚は現実の生活になります。恋愛では彼のような「運命の人」の
ような強い相性があると楽しく過ごせますが、結婚相手としては現実的
な発展性のある相手の方が良いのでは?と思います。


それでも彼のパートナーになりたいとお考えでしたら、タイミングが
ポイントになります。


今年は彼にとって試練で転機の1年です。今年は恋愛面も厳しい運気
ですので、押してみても難しいでしょう。


来年(2月4日以降)になってまだ縁をお感じでしたら、改めてプッシュ
してみてはいかがでしょうか。


◆算命学での無料恋愛相談こちら
 ⇒ 
◆算命学研究家の中嶋紫玉さんのサイトはこちら
関連記事