□本日のお作法

相手の常識内のオーダーにすべし!


□解説

デートの時など金銭感覚を相手のレベルにあわせることが大事である。


たとえばワイン


いくらワインが好きでも自分が通であったとしても、自分の好みで
高価なワインを「これ美味しいから頼んでいいー?」などはNG。


男性の中でのイケてる男像に基づいて、こういうオーダーについては、
必ず断らないが、相手の腹の内では「この子は自分と金銭感覚が違うな」
と勝手に判断をされている場合がある。


相手の金銭感覚を配慮した注文もする事が大事。


◆他の裏技はこちら

関連記事